鼻毛カッター|パナソニックの人気機種を比較レビュー。おすすめはどれ?

鼻毛カッターは様々な機種が発売されており、日立、フィリップスなど有名メーカーからあまり聞いたことのないメーカーまで、どれを選んで良いか迷ってしまう方も多いと思います。

そんな中、Amazonで「鼻毛カッター」と検索すると、レビュー件数や評価でパナソニックが頭一つ抜きん出ています。
その理由は、「安い・痛くない・しっかり切れる」と最も欲しい機能が、安く買えるからです。

但し、パナソニックだけでも色んな鼻毛カッター(エチケットカッター)が発売されているので、用途に合わせて最適な機種を選んでください。

この記事では、Panasonicのそれぞれの機種の違いや特徴を分かりやすく解説します。
鼻毛カッターを複数購入し使った上で、レビュー・比較し、おすすめの機種を紹介するのでぜひ参考にしてください。

パナソニック鼻毛カッターの特徴

パナソニックの鼻毛カッターは5機種発売されています(2019年2月現在)

共通している点は

  • 痛くない
  • かんたん・確実に鼻毛を切れる
  • 電池式なので本体代が安い

Amazonなどのレビュー・評判が良い理由は、これらの点が優れているからです。
順番に解説していきます。

触っても安心。痛みは全くない

パナソニック 鼻毛カッター 痛くない

パナソニックの鼻毛カッターは肌や粘膜に触れても全く痛くありません。

代わりに、鼻毛を切っている感覚もないので、「いつの間にか鼻毛が切れてる」状態です。

切味抜群!残さず確実にカットできる

パナソニックの鼻毛カッターは、全シリーズ「デュアルエッジ刃」を搭載しており、側面だけでなく、奥の方(刃の上面に当たる部分)の毛もカットできるのが特徴。

パナソニック 鼻毛カッター
パナソニック 鼻毛カッター

出典:Panasonic エチケットカッターER-GN10

鼻の側面360°と鼻の奥の毛を、一度に同時に切ることができる。

使い方は電源を入れて鼻の中に入れるだけなので簡単。切り残しのない、確実な鼻毛カットが可能です。

電池式なので本体価格が安い

パナソニック鼻毛カッターのもう一つ嬉しい点は、値段が安いこと。

安い機種なら1,000円未満で買うこともできるし、高い機種でも3,000円でお釣りが来たりします。

パナソニック鼻毛カッターのおすすめ機種3選

パナソニックのおすすめ鼻毛カッターは、以下の3機種です。

  • 安さで選ぶなら「ER-GN10」
  • コンパクトなのは「ER-GN20」
  • お手入れが断然しやすいのは「ER-GN50」

この中で、私は「ER-GN20」と「ER-GN50」を購入して使っています。

それぞれの機種の特徴(メリット・デメリット)を、順番に解説していきます。

安さで選ぶなら「ER-GN10」

※画像をクリックするとAmazonの商品詳細ページへリンクします。

パナソニック エチケットカッター ER-GN10-K

メリット

  • 値段が安い
  • 刃は水洗い可能
  • 鼻毛のカット機能は全く問題なし

デメリット

  • カットした後の細かい毛の掃除が少し手間がかかる
  • 本体は水洗い不可

Amazonの鼻毛カッターで最もレビュー件数が多いのがパナソニックER-GN10。

値段は安いけど性能は十分!

下位モデルのER-GN10ですが、値段が安い割に十分すぎるほどの性能が備わっています。

①痛くない、②かんたん、③確実に、鼻毛を切ることができます。

製品詳細ページに書いてあるように、鼻毛だけでなく、眉毛などにも使用できます。
(ただし先端が丸くなっている構造上、眉毛を整えるにはあまり向かないですけどね。)

刃は水洗い可能となっていて、本体に残った細かい毛はティッシュなどでササッと掃除すればOK。

本体ごと水洗いは不可

デメリットとしては、本体は水洗い不可なので、刃を洗う場合は本体から取り外す必要があります。

また、上位機種に搭載されている「毛くず吸引」(切り終わった後の細かい毛を集める)機能がありません。

但し、あくまで上位製品と比較した場合、手入れが少し面倒なだけで、そんなに大変なわけではありません。

鼻毛カッターは電動シェーバー(髭剃り)よりも圧倒的に小さいので、掃除をするのはとっても簡単。
20秒もあればパパっと水洗いや乾拭きして綺麗になります。

初めて鼻毛カッターを使う人に「ER-GN10」がおすすめ

Amazonなどでレビュー・評価も高く、鼻毛カッターを初めて購入する人に「ER-GN10」がおすすめです。

コンパクトで収納に便利「ER-GN20」

※画像をクリックするとAmazonの商品詳細ページへリンクします。

パナソニック エチケットカッター ER-GN20-K

メリット

  • 値段が安い
  • コンパクトで収納・持ち運びに便利
  • 刃は水洗い可能

デメリット

  • カットした後の細かい毛の掃除が少し手間がかかる
  • 本体は水洗い不可

『安くてスタイリッシュ』とAmazonのレビューなどで人気のモデルなのがパナソニックER-GN20。

他の機種との違いについて

鼻毛をカットする機能については、上位機種と何ら変わりません。

ER-GN20の違いは、サイズがコンパクトであることです。
パナソニックエチケットカッターER-GN20

サイズはスティックのりの長さが1.5倍になった感じ。

洗面所などの狭いスペースに置いても邪魔にならない

コンパクトなので、洗面所などに置いても場所を取りません。

鏡のすぐ近くに置いても邪魔にならないし、収納するのにも便利。
ペンケースにも余裕で収まるサイズです。

大事な商談やデート『手入れするのを忘れてしまった』なんて事がないように、仕事のバッグに入れておいても良いと思います。

鼻毛カッターを手軽に使いたい人に「ER-GN20」がおすすめ

見た目もスタイリッシュなので、視界に入るところ(すぐ手に取れるところ)を置き場所にしても気になりません。

いつでも気軽にカットしたい人に「ER-GN20」がおすすめです。

お手入れが断然しやすい「ER-GN50」

※画像をクリックするとAmazonの商品詳細ページへリンクします。

パナソニック エチケットカッター ER-GN50-H

メリット

  • 刃は本体ごと水洗い可能
  • カットした細かい毛を自動で集めてくれるので掃除がラク

デメリット

  • 下位製品と比べると値段は高くなる
    (3,000円以下)

Amazonの鼻毛カッターでレビュー件数が多く、評価も高いのがパナソニックER-GN50。

鼻毛カッターのデメリットをコレ1台で解決

正直言うと、一番おすすめしたい機種がこれ。

なぜなら、上で紹介した機種だと後片付けが面倒。
1~2週間くらいの間隔で定期的に手入れしているのであれば、「鼻毛切りハサミ」で切った方が後始末がラクで早いんです。

(それで、やっぱり切り損ねてひょっこり毛が出てしまう事も多いのですが・・。)

ER-GN50は、カットした細かい毛を自動で集めてくれるので掃除がラク。
本体ごと水洗いできるので、鼻毛カッターのデメリットを解決してくれます。

毛くず吸引+本体水洗いのメリット

鼻毛カッターを使うと分かるのですが、切り終えた細かい毛はけっこう見栄えが悪く、次使う時までそのまま放置したらどうなるんだろう・・、と考えるだけでも結構恐ろしい状態になります(笑)

私は綺麗好きな性格ではないのですが、汚いものを見てしまうと気になってしまうタイプ。
そんな人は必要以上に鼻毛カッターの手入れに時間をかけてしまう可能性が高いので、毛くず吸引機能が付いて本体水洗い可能なER-GN50がおすすめ。

鼻毛カッターを長く使いたい人に「ER-GN50」がおすすめ

私はパナソニックのER-GN20(スティック型のやつです)を4年以上使ったあとに、ER-GN50を使って毛くず吸引+本体水洗い機能に感激しました。

お手入れのしやすさと、鼻毛カッターを切る時間+掃除する時間も含め時間短縮効果はバツグン。値段も大きく違うわけではないし、差額以上の価値はあると私は思いました。

鼻毛カッターを長く使いたい人に「ER-GN50」がおすすめ

パナソニック鼻毛カッターの種類(グレード)

パナソニックの鼻毛カッター全5機種の違いをわかりやすくまとめました。

安い機種と高い機種の主な違いは「後始末のしやすさ」

上でご紹介してきたとおり、全機種「デュアルエッジ刃」を搭載しており、切れ味はどの機種も大きな違いはありません。

安い機種と上位機種の最も大きな違いは、「毛くず吸引」と「本体水洗い」などの、切り終わった後始末に関する機能です。

後始末がラクな上位機種「ER-GN70・50」

機能GN70GN50
デュアルエッジ刃
毛くず吸引
本体水洗い
スマート洗浄
電池単4×2本単3×1本
使用日数※約6ヶ月約6ヶ月

※週1回90秒使用した場合

コスパに優れた機種「ER-GN30・20・10」

機能GN30GN20GN10
デュアルエッジ刃
毛くず吸引
本体水洗い
スマート洗浄
電池単3×1本単4×1本単3×1本
使用日数※約1年約1年約1年

※週1回90秒使用した場合

参考エチケットカッター 機能比較表Panasonic

ご紹介した中で、私はER-GN20とER-GN50を購入しました^^

パナソニック鼻毛カッター「ER-GN20」のレビュー

パナソニックの鼻毛カッター「ER-GN20」を私が使ってみた感想やレビューをまとめます。

コンパクトなので邪魔にならない

ER-GN20の利点は、やはりコンパクトなサイズにあります。

左がER-GN20、真ん中がER-GN50、右がスティックのり
パナソニック 鼻毛カッターの比較

ER-GN50と比べると、明らかにスリムな形状をしています。

正面比較
パナソニック 鼻毛カッターER-GN20とER-GN50の比較
横面比較
パナソニック 鼻毛カッターER-GN20とER-GN50の比較

ER-GN20の収納のしやすさは、大きなメリットです。

使い方(カット方法)

  • STEP.1
    切る時は軽くあてるだけ
    パナソニックの鼻毛カッターは、電源を入れて鼻の中に入れて軽くあてるだけで切れます。
    この時、ちゃんと肌に直接刃が当たらないようになっているので、痛みは全くありません。
  • STEP.2
    切り終わったら、毛を拭き取る
    パナソニック 鼻毛カッターの掃除方法

    切り終わったら、外刃を取りはずして中の毛をティッシュなどで拭き取ります。

  • STEP.3
    掃除した刃をつけて完了!
    掃除が終わったら、また中刃と外刃をつけて完了です。

パナソニックの鼻毛カッターは、使い方はめっちゃ簡単です♪

パナソニック鼻毛カッター「ER-GN50」のレビュー

パナソニックの鼻毛カッター「ER-GN50」を私が使ってみた感想やレビューをまとめます。

毛くず吸引は思ってた以上に良い!

正直、あんまり期待していなかったのですが、「毛くず吸引」はとても良いです。

パナソニック エチケットカッター ER-GN50

汁気(しるけ)の混じった鼻毛でいっぱいになったカッターを、次も気持ちよく使うために細かな毛を拭き取らなければなりません。

毛くず吸引機能があると一箇所に集まるので掃除するのがとっても楽です。

本体水洗いでラクに清潔を保てる!

パナソニックの鼻毛カッターで本体ごと水洗い可能なのは、ER-GN50とER-GN70の上位機種だけです。

今まで4年間、私はER-GN20(スティック型)を使ってきたのですが、わざわざ刃だけ取り外して水洗いをしたことはなかったです(^^;

というのも、刃よりも、本体側に結構細かい毛が付くので、毛くず吸引機能がないモデルは払い落とすのに手間がかかります。

一方、毛くず吸引機能が付いたER-GN50は、切った毛が一箇所に集まってくれるので、それを水洗いして拭き取るだけなので簡単に清潔を保つことができます。

後始末が楽なので、ズボラな綺麗好きにおすすめ

『掃除するのは面倒くさいけれど、汚いのは嫌だ。』

私のように、ズボラだけれど綺麗が好きな人におすすめなのが「ER-GN50」

個人差はありますが、鼻毛は伸びるのが早いので、私の場合1週間に一度くらいのペースで手入れが必要となります。

1年で約50回。まあまあな回数を手入れする事になってしまいますが、できるだけ鼻毛なんかに時間を取られたくないですよね。

①鼻毛を切る時間と、②切った後に掃除する時間この2つの時間を短縮できる最強の鼻毛カッターと言えます。
私が最もおすすめするのがパナソニックのER-GN50です。

パナソニック鼻毛カッターのレビューまとめ

それでも、鼻毛切りハサミを使っていた頃は、毎週切っているにも関わらず鼻毛が「ひょっこり」してしまうこともありました。

大事な商談やデートなのに、外出先で鏡を見て鼻毛がひょっこりしていた経験、あるのは私だけでしょうか?
電動鼻毛カッターを1週間に一度やれば「ひょっこり」する事はありません。

『この1本、どこに隠れていやがった・・』なんて鏡を見て絶望することもなくなりました。

評判の良いパナソニックの鼻毛カッター。その使い心地を、あなたも試してみませんか?

Amazonはこちら
Amazonで「鼻毛カッター」を探す

楽天市場はこちら
楽天市場で「鼻毛カッター」を探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です