マスクでもメガネが曇らない方法「曇り止め」が一番効果的

メガネ マスク 曇らない

花粉対策やウイルス対策で、メガネ+マスクをする人も多いと思います。

そんな時に困るのが、メガネが曇る!ことですよね。

花粉症歴10年の私が、マスクをしていてもメガネが曇らない方法を色々試しました。
結果「曇り止め」をメガネに塗るのが一番お手軽かつ、効果絶大でした。

メガネ曇り止めの実力

熱湯の入った容器にメガネをかけて実験してみました。
メガネ マスク 曇らない
曇り止めの塗ってある右側のレンズは視界を保てていますが、塗っていない左側は真っ白。

ちなみに、カメラのレンズも曇るほどの湯気でしたので、曇り止めの効果はかなり優秀です(笑)

曇り止めをメガネに塗れば、人の呼吸程度ではまったく曇りません!

効果は1日程度しか持ちませんが、約120回使用可能なので1シーズンは余裕で持ちます。

ちなみに、次の日になったら全く効果がないワケではありませんので、「少し曇るかな・・?!」と思ったら、また曇り止めを塗ればOKです(^^)
塗りすぎると、油分が付きすぎて見にくくなるので、軽く塗るだけで十分です。

ちなみに、私はお風呂でスマホを使用しますが、その時にメガネかけても全く曇りません(^^)

メガネの曇り止めは色々種類ありますが、私が使っているのはコレです。
メガネ マスク 曇り止め

メガネクリンビューという商品名ですね。
先端がスポンジのような素材になっていて、塗るのも簡単です。
マスク メガネ曇らない

しかも、安くて効果も抜群ですので、オススメですよ♪
Amazonのメガネクリンビューはこちら

楽天市場のメガネクリンビューはこちら

さらにお手軽なシートタイプもあります。


メガネクリンビュー くもり止めシートクリーナー 30包入

シートタイプのメリットは塗りやすさ・お手軽さがさらに増すことです。
逆にデメリットはシートが30枚入りの使い捨てなので、塗るタイプと比べるとコスト面で考えると若干高くなります。

とは言え、どっちもAmazonならワンコイン以下の値段なので安いですけどね(^^)

マスクでもメガネが曇らない方法

マスクでもメガネが曇らない方法を検索すると、「マスク」上部を外側に折ったり、マスクの内側にティッシュを入れる方法が紹介されています。

参考:その手があったか! マスクでメガネが曇らない裏技まとめ

もちろん、これらも一定の効果はあるのですが、自転車に乗ったりして息が少しでも乱れるとやっぱり曇ってしまうんですよね・・。
マスク使用時にメガネが曇らない方法を色々と試しましたが、結局眼鏡の曇り止めが最も確実で、効果が高かったです。

メガネの曇り止めは安い・お手軽・効果絶大

「メガネの曇り止め」を塗れば、ご紹介した通り熱湯の湯気でも平気で曇らないですし、サッと塗るだけで効果絶大。
値段も安くてお手軽ですので、ぜひ試してみてください♪

以上、マスクでもメガネが曇らない方法。「曇り止め」が一番効果的でした。