フリクションのインクが出ない!1分で出来る復活方法【保存版】

フリクションのインクがまだ十分あるのに「出ない・書けない・かすれる!」

そんな時に、1分で出来るインクが復活する方法をご紹介します。

必用なもの
  • インクの出ないフリクションボールペン
  • 試し書き用の紙
  • 水で濡らした紙(ティッシュなど)

インクが出ないフリクションの復活方法は?

フリクションボールペンのインクが残っているにも関わらず、「書けない・出ない」
そんな時は、ボールペンの先端(インクが出る部分)を水に濡らすと、復活する場合がほとんどです。

水に濡らすとインクが復活する理由

通常、私たちがよく使うボールペンは「油性」のものが多いですが、フリクションは「水性」のボールペンです。

水性とは、インクの着色剤(色素)を溶かし込む溶剤に「水」を使用しています。

つまり、「書けない・出ない」のは、インクを溶かしていた水分が抜けてしまい、インクだけが残って固まってしまった状態になっています。
そのため、フリクションの先端を水に濡らすことで固まってしまったインクが溶け、出なくなったインクを復活させることができるようです。

フリクションのインクを復活させる手順

  • STEP.1
    フリクションのインクが出ない
    フリクション インク出ない
  • STEP.2
    フリクションを水に濡らします
    フリクションのインクが出ない

    濡らしたティッシュを、インクが出ないフリクションの先端を転がすと、徐々に固まったインクが溶けて復活していきます。

  • STEP.3
    試し書きをする
    フリクション インクかすれる

    水に濡らすと、少し復活しますが、まだ少し文字がかすれています。

  • STEP.4
    完全に復活するまで繰り返す
    かすれずに書けるようになるまで、水に濡らしたティッシュで先端のボールを転がし、試し書きして様子をみるのを繰り返します。
  • STEP.5
    復活!
    フリクション インク復活

    インクがかすれず、滑らかな書き心地が復活したら完了です!

関連:バッファローのWi-Fiが繋がらない原因と対処法

復活後も、すぐにインクがかすれてしまう・・

水に濡らすと、フリクションのインクが復活しますが、しばらく使わないとまたすぐインクがかすれたり、出なくなったりします。

使うたびに水に濡らすのが面倒なので、まだインクはたっぷり残っているものの、予備に買っていた替え芯に替えましたw

インクが出ない場合、温めてはダメ

フリクションのボールペンのインクが出ない時に、最もやってはいけない行動は温めることです。

油性ボールペンのインクが固まって出ない場合、先端部分を温めると出やすくなる。

というのをご存知で、実践している方もいらっしゃると思います。

確かに、油性ボールペンのインクは温めることで出やすくなります。
しかし、フリクションは水性のボールペンです。温めても効果はありません。

しかも、60℃以上の熱でインクが消える性質を持っているので、温めるのは厳禁です。

フリクションは新品でもすぐインクが出なくなる?

使ったばかりの新しいフリクションでも、しばらく使わないといつの間にかインクが出なくなる場合がありませんか?

新品の替えインクでもすぐに出なくなった

私はあまり頻繁にはフリクションのボールペンを使わないのですが、それでもしょっちゅうインクが出ない状態になります。

使うたびに水に濡らすのが面倒なので、インクはあまり使ってないのに替え芯を替える頻度はかなり高いですw

しかしインクの芯を替えても、すぐにかすれたり、インクが出なくなるんですよね。。

保存している環境にもよると思いますが、私がフリクションを使用(保存)している事務所は、湿度がとても低く乾燥していることがインクが出なくなる要因の一つかもしれません。

フリクションの水性インクは保存に向かない?

フリクションは、水性ボールペンなので油性と比べるとインクが固まりやすい性質を持っています。

水性ボールペン

油性とは異なりドライアップしやすいため、使用後はキャップを確実に閉めなければならない。Wikipedia「ボールペン」より

水性ボールペンは、名前のとおりインクの溶剤に水を使用しているので、水分がなくなってしまうとインクが固まり出なくなってしまいます。

だからこそ、フリクションのインクが出ない時は水に濡らすのが効果的です。

フリクションの保存方法

フリクションを使用しない時はキャップを必ず閉じてください。

また、フリクションのボールペンは熱に弱いので、冷やすとインクが復活する事があります。
そのため、冷蔵庫に入れるとインクが復活することがあるようです。

フリクションは長期保存する書類には向かない

フリクションは、60℃の熱で消える特殊なインクを使っています。

そのため、長期保存するような大事な書類にはあまり向いていません。

手帳に毎日フリクションで書いていた日記を、10年後に見直したら、文字が消えてた。なんて事も・・。可能性は十分にあり得ます。

消せるボールペン「フリクション」はとても便利ですが、用途に応じて油性ボールペンと使い分けましょう(^^)

まとめ。予備の替え芯もあればなお安心

フリクションは、水性ボールペンかつ60℃の熱で消える特殊なインクを使っています。

便利で使用する人が多いので、『インクが出ない!』という困った場面も多くなっています。

予め予備の替え芯を買っておくのをおすすめします。
緊急の時、またはインクが完全になくなるまで使いたい方は、ぜひ水に濡らして復活させてください^^

次に読みたい
バッファローのWi-Fiはよく途切れる。遅い!繋がらない原因と対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です