東京は住みにくい?都会のストレスは地方に移住して解放された

東京 ストレス 住みにくい

東京って、住みにくくないですか?

都会の生活に「ストレス」を感じるのは私だけでしょうか?

せっかくの連休も、どこへ出掛けても人混みが凄い。
そして行列、渋滞・・。

休みなのに疲れちゃいますw

東京・都会での日々は、ただ社会の歯車として動いているだけのように感じ、味気のないものでした。

私はそんな生活に耐えられなくなり、地方へ移住しました。

「東京で何か良い事あったかなー。」
と考えても、嫌な思い出しか浮かびませんw

『東京は住みにくい。都会の生活はストレスが半端じゃない』

と、あなたも感じているのなら、
地方へ移住すると、そのストレスから解放されるかもしれません。

都会のストレス

都会の生活って、ストレス溜まりませんか?

東京都心・都会のオフィス街は「仕事や遊び」には便利かもしれないですけど、人が多いし「住み心地」は決して良くないと私は思います。

スーパーに車で買い物へ行こうとしても、パーキングが法外な値段しますからね。
買い物難民になりそうです(^^;

人が多すぎる

  1. 異常な渋滞
  2. どこにいっても人混み
  3. 理解できないレベルの行列
  4. 身動きの取れない満員電車

これらに、イライラしない人は、いないのではないでしょうか?

中には、行列の待ち時間が「全く苦にならない」人も、居るのかな?

私が最も都会の生活で「ストレス」を感じるのは人の多さです。

特に仕事が忙しい中、たまの休日はとっても貴重な24時間です。
それを、たかがラーメン一杯食うのに行列に並び、待つだけの時間に30分も消費したくないですw

かと言って、どこも人が多すぎるので
人が少ないところと言ったらもはや「自宅」しかないですけどね。

もう、外に出掛けるのが嫌になるほどの人の多さ。ストレスでしかありません。
私は都会に適合できませんでした。

東京の住みにくさ

東京の渋滞は酷すぎる

私が人生で一番無駄な時間だと思うのが「渋滞」です。

満員電車や行列は、スマホで時間を潰せるし、本を読んだり勉強するなど、時間を有効活用できます。

しかし、運転中はそうはいきません。

特に大型連休の渋滞の酷さは、ストレスの度合いで言えば「働いた方がマシ」と思います。

福岡に移住してから、大型連休中の旅行で初めて満足して帰ってくることができました。
GWに車で高速道路を使って観光に出掛けて、その快適さに驚きました。

さすがに九州の高速道路も、GWは混雑します。
しかし、関東のそれと比べたら、全くストレスにならない。
快適な観光ドライブでした(^^)

物価が高い

東京・都会は賃金(給料)が全国平均より高いのですが、それ以上に「食・住」の生活費が高すぎです。

地方に移住する前までは、あまりピンと来なかったのですが、離れてみると東京の異常な物価の高さが分かります。

例えば、私の住んでいる福岡だとワンルーム(1K)で博多駅徒歩30分、築20年以内で家賃1万円台とか普通にあります。

外食・飲食店も安いし、スーパーで売られている食材も安い。

地方に移住して、お金に縛られている感覚から解放されました。

>>『地方移住』のメリットは?理想のライフスタイルが実現できた?!

電車の人身事故・首都高の事故渋滞が萎える

『遅刻ができない!』

そんな時に限って、人身事故や高速の事故渋滞が起きませんか?

  • 友人の結婚式の時に人身事故
  • 大事な用事の時に首都高で事故渋滞。掲示板が真っ赤っか

もう、マーフィーの法則そのまんまで
『大事な1日』ほど、人身事故と事故渋滞が起きる確率が高くなります(^^;

東京がますます嫌になった友人のエピソード

僕の友人に、プロ野球「楽天イーグルス」を球団創設以来のファンが居ます。

球団が弱い頃から、何年間も東京から仙台まで応援しに行ってました。そして、あの弱かった楽天イーグルスがついに優勝!

しかも場所は、所沢の西武球場。
平日ですが、残業を早めに切り上げれば優勝の瞬間・胴上げに間に合います。

そんな時に人身事故

観戦チケット持っているにも関わらず、結局人身事故のせいで球場へ行けず、電車の中で携帯のワンセグで「プロ野球楽天が初優勝の瞬間」を見ました。

それを聞いて僕は、
「よく正気を保っていられるな」と思いましたw

他の友人は、結婚式の日に電車を待っていたら、
列の先頭で並んでいた隣の人が電車に飛び込み。

その日は赤ワインが飲めず、慣れない白ワインを飲んでベロベロに酔っ払って、
二次会の司会が出来なくなった。

という友人もいます。

それを聞いて以来、私は先頭で電車を待つのが怖くなりましたw

30年以内に発生すると言われる直下地震

私が東京で耐えきれないほどのストレスを抱えて、生活していた要因として、東日本大震災の経験も大きかったです。

帰宅困難とか、コンビニから食べ物や飲み物が消えたり、放射能の問題、気が狂いそうなガソリンスタンドの渋滞。。

そして、『今後30年の間に首都直下型地震が高確率で起こる』とニュースで言われたら、怖くて家買えないっすw

旅行した際に、たまたま乗ったタクシーの運転手さんから
『福岡は地震が起こる確率が低い』と聞いて、以来「移住」を真剣に考えるようになりました。

地方の住みやすさ

地方の住みやすさは、まず人の多さがちょうど良い。

人混みが苦手な私も、さすがに無人島で暮らしたいとは思いません。ある程度人口がいないと、現代の快適な生活環境を維持できないからです。

自分にとって「最適な人口密度」の地方を選んで、移住することで、便利かつ快適な生活を実現できます。

渋滞や満員電車はないし、かと言って買い物に不便に感じるほど田舎なわけでもない。

よく、「田舎は何もない」と言われますが、
田舎には、「東京に無い物が有る」のです。

福岡の交通情報で「1kmの渋滞です」とラジオから流れる度ほっこりします。

最初聞いた時は、衝撃的でした。
『それって渋滞なの?!』と耳を疑ったほど。

よく、日本は狭い島国と言われますが、それは東京や大阪の都会を基準にしているからだと私は思います。
地方(田舎)はくそ広いです。

日本は広い。狭く感じるのは都会だけ

東京 ストレス 住みにくい

福岡に限らず、九州では熊本や鹿児島、大分の駅周辺は買い物やグルメが揃っておりとても便利です。

しかし、その便利な駅周辺から車で少しドライブすれば
熊本県・阿蘇の大自然や、地平線が見えると噂の佐賀空港、高千穂や耶馬溪の秘境とも言える自然。

見渡す限りの大自然、九州の雄大さに、心が洗われます。

地方は、程よく都会で程よく田舎。

駅周辺は一通り揃って便利ですし、家賃も安いので住みやすい。

ちょっと足を伸ばせば自然を満喫できる。ハイブリッドな生活を味わえます。

日本三大都市は東京、大阪、名古屋とよく言われますが、首都圏の人口密度は他の地域から比べると「異常」です。

東京都と神奈川県は、大阪府よりも人口が多いですし、埼玉県と千葉県は、愛知県の人口に匹敵します。

換算すると、
「東京+神奈川+埼玉+千葉」
≒「大阪+大阪+愛知+愛知+400万人」

ですから、首都圏は日本の3大都市が4つも密集しているようなもんですw

個人的には、地方は高い建物がないので空が広く、開放的な街並みで、空気が美味しく感じます。

逆に、東京は「空気」がまずく感じます。

ちなみに福岡の電車通勤は快適そのもの。

「つり革」はまずゲットできるし、乗車率200%の超満員御礼状態にはなりません。
それでいて本数も多く、通勤の時間帯は5分に一本くらい来ます。

家賃も安いので、「職場から徒歩圏内」に住む選択肢も十分にあります。

要は『都会に住み慣れて日本が狭いと感じたら、まずは九州の自然を全部回ってみろ!めっちゃ広いから!』って事です(笑)