久留米『五十番』“究極”の焼き餃子!カリッと抜群の食感で旨味が溢れる

五十番 久留米

久留米にある五十番。ここの餃子は下はカリッと焼かれていて、上はモチっと蒸し焼きされている。

小ぶりなサイズながら中の餡は旨味がたっぷり詰まっており、一口食べると溢れんばかりの具材の旨味が口の中いっぱい広がる。

志村けんさんが「日本一美味しい餃子は五十番。
藤井フミヤさんが「五十番があるから久留米に帰る。」と絶賛するほどの名店。

餃子大好きの私も、五十番の餃子が日本一美味しいと思います。

五十番の餃子は、「焼き加減」がとにかく素晴らしい。

五十番 焼き餃子

いわゆる博多一口餃子のスタイルで、熱々の鉄鍋で提供されます。

  • 下の皮は多めの油で、揚げ焼きされたカリッッとした食感。
  • 上の皮は水餃子のようにモチモチの食感。
  • 餡は焼き餃子ならではのジューシーさと、溢れる旨味。

カリッとモチっ、2つの食感を同時に噛み締めると、中から旨味が溢れ出てくる。
まさに究極の焼き餃子です。

五十番 絶妙な焼き加減

焼き餃子のジューシーさ、揚げ餃子のカリッとした食感、水餃子のモチモチ感
この全てを、一つの餃子で実現する「焼き」の技術。

私も見よう見まねで家で試してみるのですが、やっぱりこの焼き加減はマネが出来ない。

餃子そのものが美味しいので、水餃子も美味しいのですが、やはり「焼き餃子」がオススメ。

一度食べたら他の焼き餃子では満足できなくなるほど、ズバ抜けて美味しい。

ちなみに、一時期食べログの全国餃子ランキングで五十番が全国1位でした(^^)
当時のスクリーンショットはこちら

五十番のメニュー

  • 焼き餃子 450円
  • 水餃子 500円
  • ビール 550円

あとは、ご飯と日本酒、焼酎くらいしかありません。

焼き餃子は、いっぺんに二人前頼んでも、一人前ずつ、焼きたての熱々の状態で提供してくれます。

卓上には、酢醤油とニンニク醤油、ラー油のようなモノがあります。
五十番 卓上 酢醤油など

カウンターのみ12席くらいしかない小さな店なので、時間帯によっては待ちになる場合もあります。
地元民は「持ち帰り」をする人も多いので、そんなに待たないと思います。

話はやや逸れますが、福岡市は人口あたりの餃子店舗数が全国2位と隠れた餃子王国。
(福岡市のホームページより)

県外出身の私にとって「博多の一口餃子なんて邪道!」と思っていましたが、小振りな見た目とは裏腹に旨味がぎっしり詰まっていて、餃子に対する価値観が変わるほど美味しかったです(笑)

しかし、福岡のどんな餃子だろうと、宇都宮や東京で行列が絶えない餃子であろうと、五十番に勝る餃子は私の中でありません。

この餃子を食べずして、福岡の、いや日本の餃子は語らせません!(笑)

餃子マニアに是非とも食べて頂きたい、志村けんさん、藤井フミヤさんも太鼓判を押すお店です♪

五十番
営業時間:17:30~22:00
定休日:日曜日 ※注
電話番号:0942-32-4194
地図 食べログ
※予約不可。
※注)定休日について、確か日曜日だった気がするのですが、食べログには日曜・月曜と書いてあります。月曜日に行く場合は、お店に確認してみてください。