エアーかおるの種類・サイズの違いまとめ|エクスタシー・エニータイムがおすすめ?

『エアーかおるが気になっているんだけど、種類が多いから違いが分からない・・』

『エニータイム、エクスタシーってなに??』

当記事では、実際にエアーかおるを購入し使用した感想・レビューを踏まえながらサイズや種類の違いを分かりやすく解説します。

先に結論をまとめると、エアーかおるの数種類あるシリーズの中で最上級モデル「エクスタシー」がおすすめ。
他の種類もあまり値段が変わらないので、どうせなら最上級モデルを買った方がお得なような気がしませんか。

サイズに関しては、バスタオルをお使いの方は一回り小さい「エニータイム」がおすすめ。
バスタオルのように大きいサイズでなくても、エアーかおるはしっかり吸水してくれます。

フェイルタオルをお使いの方はそのまま「フェイスタオル」または「エニータイム」を選ぶのがおすすめですよ。

関連:エアーかおるが買えるお店・販売店まとめ

エアーかおるの種類

  • ベビマム
  • ダディボーイ
  • エクスタシー
  • デオなでしこ
  • 純ギラ銀
  • エンプレス

2019年1月現在、公式ホームページにて紹介されているエアーかおるのシリーズは全部で6種類。
以下、簡単に特徴をまとめます。

種類特徴
ベビマムシリーズ最軽量
肌触りが良い
ダディボーイ軽くて、柔らい
しっかり太糸のボリューム感
エクスタシーエアーかおるの最上級モデル
驚きの吸水力
デオなでしこポケットタオル
高吸水・速乾
純ギラ銀純銀糸が埋め込まれている
抗菌作用に優れ、部屋干しがメインの人に最適
エンプレス今治製のエアーかおる
吸水力、肌触り、ボリューム感、速乾に優れている

一番よく売れているのは「エクスタシー」

エアーかおるエクスタシー

エアーかおるのシリーズ(種類)の中で、一番人気があるのが最上級モデルの「エクスタシー」です。

以下、公式ホームページからの引用

一番売れているシリーズ

プレミアムな極太糸 エクスタシー

エアーかおるシリーズ最上級モデル。一度使うと忘れられない驚きの吸水力です。全身、髪、頭皮の水分までしっかり吸い上げます。
エアーかおる

初めてエアーかおるを買うなら、一番人気で最上位モデルの「エクスタシー」がおすすめ。

他のシリーズと値段もそこまで変わらない(どっちみち高い!笑)ので、どうせ買うのなら最上位モデルの方が良い気がしませんか?^^

エアーかおるのサイズ

種類長さ
バスタオル60cm120cm
エニータイム32cm120cm
フェイスタオル32cm85cm
ウォッシュタオル32cm40cm
なでしこサイズ32cm14cm

サイズ比較
エアーかおるのサイズ比較

写真は上がエニータイム、下がフェイスタオル。

バスタオル・フェイスタオル・ウォッシュタオルなど、一般的なサイズもありますが、

「エニータイム」は、幅はフェイスタオル、長さはバスタオルと同じサイズ。使い勝手が良い。
メリットとして、幅がフェイスタオルと同じなので洗濯時に干しやすいのが特徴。エアーかおるの代名詞とも言えるサイズです。

おすすめのサイズと種類まとめ

おすすめの組み合わせ
種類:エクスタシー
サイズ:エニータイム

初めて買うのであれば、一番人気の「エクスタシー」の「エニータイム」サイズがおすすめ。エアーかおるの品質や使い心地の良さを一番実感しやすいと思います。

エアーかおるのレビュー

私が購入したエアーかおる「エクスタシー」のエニータイムとフェイスタオルを使ってみた感想をまとめます。

種類「エクスタシー」の吸水性について

エアーかおるエクスタシーは、サッと軽く拭いただけで、しっかりと水分を吸収してくれます。
普通のタオルだと、きっちり水分を拭き取れないので、無意識のうちに同じ場所を2~3回拭くクセが付いていた事に初めて気が付きました。

髪を乾かすのが楽!

お風呂上りで髪が濡れた頭に、エアーかおるをターバンのようにぐるっと巻けば、ぐんぐん吸水してくれます。
そのまましばらくすれば、タオルドライでほとんど乾かすことができます。

冬は風呂上りに体をサッと拭いてすぐに服を着れるし、夏場の汗ばむ季節はドライヤーいらずで最高だと思います。

ドライヤーが圧倒的に時短!

ドライヤーは1分もかけなくてもいいくらい、仕上げ程度で十分。圧倒的に時短になります。
(髪の長さによってドライヤーの時間は変わってきますが、肩くらいまでの髪の長さなら1分間でもしっかり乾かすことが出来ると思います。)

まだ購入したばかりで数回しか使用していませんが、吸水性は思っていた以上に抜群です。

「エニータイム」のサイズは特に吸水性が高い

私は普段はフェイスタオルでお風呂上りに身体を拭いていますが、エアーかおるのエクスタシーは吸水性が他のタオルより明らかに優れているので、エニータイムのサイズで全身拭いて髪の毛の水分も余裕で拭き取る事が可能です。

普段バスタオルを使っている人は「エニータイム」がおすすめ

エアーかおるは吸水性に優れているので、バスタオルよりも幅が短いエニータイムでも、十分に身体と髪の毛の水分をふき取る事が可能です。

普段バスタオルをお使いの方も、エニータイムを選んでも十分な吸水性を実感できると思います^^

そして、エニータイムは幅がフェイスタオルと同じなので洗濯する際に干しやすいのも良いですよね。

一旦まとめ
普段お風呂上りにバスタオルで身体を拭いている人には、幅が一回り小さい「エニータイム」がおすすめ。
長さがバスタオルと同じで、幅がフェイスタオルと同じサイズです。

フェイスタオルのサイズでも十分!?

私がエアーかおる初めて購入した時は、サイズは「エニータイム」を注文しましたが、届いた次の日にエクスタシーのフェイスタオルを4枚注文しました^^

全身と髪の水分を吸水するには、フェイスタオル1枚だとやや厳しいか・・?!

エアーかおるエクスタシーのフェイスタオル1枚だと、全身と髪の毛の水分を吸水するのは、やや厳しいかもしれません。

エニータイムだと、タオルに触れていない髪の毛の根本の水分まで吸ってくれるような印象ですが、フェイスタオルだとタオルに触れている部分の水分は吸ってくれますが、髪の根本のほうの水分を吸い取る余力が残っていない印象を受けました。

身体か、髪の毛どちらかなら威力を発揮

フェイスタオルのサイズでエアーかおるの吸水性の良さを発揮するには、身体か髪の毛どちらかに使用すると実感しやすいです。

テレビなどでも紹介されていましたが、エアーかおるは触れているだけでぐんぐん水分を吸ってくれるので、タオルドライしにくい髪の毛の根本のほうにある水分まで吸い取ってくれます。

ですので、体は普通のフェイスタオルで拭いて、髪の毛はエアーかおるをぐるっと巻いておくと、その高い吸水性を実感できるハズです^^

収納などを考えるとフェイスタオルも使いやすい!

収納や洗濯などを考えると、フェイスタオルの方が使い勝手は良いしメリットがあります。

頭に巻くときも、エニータイムはけっこう重く感じました。
何せ全身の水分を吸っているので、頭に水の入った桶を乗せているような感じですw

フェイスタオルのサイズは小さいので、軽くて頭に乗せてても全然気になりませんでした^^

一旦まとめ
エアーかおるエクスタシーで髪の毛をタオルドライするには、フェイスタオル1枚だとやや厳しい。
体は普通のフェイスタオルで拭いて、髪の毛はエアーかおるのフェイスタオルを巻くか、またはエニータイムのサイズなら髪の根本の水分まで吸ってくれてしっかりタオルドライできる。

まとめ。エアーかおるのおすすめ種類とサイズはコレ!

  • おすすめの種類は、一番売れている最上級モデルの「エクスタシー」
  • 普段バスタオルを使っている人は、サイズは「エニータイム」がおすすめ
  • 普段フェイスタオルを使っている人は、エニータイム1枚で全身を拭くか、エアーかおるのフェイスタオルを髪の毛ドライ専用に使うのがおすすめ

どこで購入できる?

前回の記事「エアーかおるの販売店おすすめ」でご紹介しましたが、エアーかおるは2019年1月22日現在、楽天市場またはYahoo!ショッピングが最も手に入りやすいと思います。

楽天市場はこちら
楽天市場で「エアーかおる」を探す

Yahoo!ショッピングはこちら
Yahoo!ショッピングで「エアーかおる」を探す

Amazonはこちら
Amazonで「エアーかおる」を探す

私は2019年1月になって、楽天市場でエアーかおるのエクスタシーを2回注文して3~4日で商品が届きました。

詳しくはこちらの記事を参照してください。
エアーかおる 買える店エアーかおるが楽天で買えた!【2019年1月】買えるお店・販売店まとめ

以上、エアーかおるの種類・サイズの違いまとめ|エクスタシー・エニータイムがおすすめ?でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です