格安SIMのデメリット。オススメしない一番の理由は「遅い」

格安SIM 遅い デメリット

昨今、ネット上では様々な節約術が紹介されています。
中でも、大きい節約の一つと言われているのが、「格安SIM」ですよね?

毎月の固定費を減らすというメリットについては紛れもない事実です。

しかし、格安SIMにはデメリットも存在します。

それは、「遅い」ということ。
よく、『docomoの通信網を利用しているから通信速度は大手キャリアと変わらない。』

と認識している人も多いのですが、
格安SIMにdocomoが提供している回線は、全体の数%なので、混雑すると遅くなります。

例えるなら、100車線ある高速道路のうち、4車線だけAという格安SIMのキャリアが借りている、といった図式です。
当然、交通量が多くなると渋滞が発生し、事故も多くなります。

つまりは、格安SIMは時間帯によって遅くなったり、通信障害が発生しやすい。

どんな物やサービスにも「安さ」には必ず理由があります。今回は格安SIMのデメリット・オススメしない理由を紹介します。

格安SIMの遅さについて

格安SIMの一番のデメリットは「遅い」

格安SIM 通信速度が遅い

格安SIMは通信速度が遅く、通信障害も発生しやすい。一番のデメリットはコレですね。

そもそも格安SIMは通信回線が弱い。だから料金が安いのです。

格安SIMはドコモなど大手キャリアの一部の通信回線を借りて利用者に提供しているので、回線を利用できる量には上限値があります。

特に昼休み(12時)の時間帯は回線が混み合い、YouTubeなどの動画はおろか、ネットの閲覧も厳しいくらいの回線速度になる場合もあります。

ネットでは「気にならない」と「遅い」両方の意見があるけど?

格安SIMの記事に関しては、「速い・問題ない」という記事もあれば「遅い・全然ダメ」という記事もあります。

これは、時間帯によって通信速度が大きく変動するということが理由にあると思います。

楽天モバイルを例に上げると、
楽天モバイルは速いという記事もあれば

楽天モバイルの評判は最悪という記事や

楽天モバイルは絶対に選んではいけないという記事もあります。

安さ「だけ」ならメリットあるのですが、それと引き換えのデメリットの方が私にとっては重大すぎる。

私は家と職場にWi-Fiがあるのですが、
一番不便に感じるのは、旅行や外出先でお店など調べ事をする際に遅い時です。

こういう、1分1秒が貴重な時に通信速度が遅いと、イライラが10倍増しますw

それ以外であれば、Wi-Fiがあれば我慢出来るのかも知れませんが、それだともはや「携帯」する意味なくないですか?w

格安SIMの満足度アンケート調査でも、一番の不満点は「通信速度が遅い」

格安SIMの満足度アンケート調査でも、料金には満足しているものの、「通信速度が遅い」というのは不満点として挙げられています。
中には、ドコモから格安SIMに乗り換えて、速度に不満でやっぱりドコモに戻る。といった人もいるようです。

格安スマホはやっぱりだめ!?解約理由をアンケート調査してみました!

昼休みは全然つながらない!?503人に聞いてわかった格安スマホの速度・料金の実態

格安SIMの遅さ以外のデメリット

キャリアメールが使えない

格安SIM メール届かない

キャリアメールが使えない事は周知の事実。
ですが、それがどんなデメリットをもたらすのか、大きく2つあります。

①迷惑メールの受信拒否設定をしている人とメールが出来ない。

②フリーメール登録不可のサービスを利用できない。

①に関しては、LINEでほとんどの場合カバー出来るのですが、職場の人への連絡や、親戚との連絡の場合はメールが多くないでしょうか?

そういった、LINE交換していない人たちとの連絡で、相手が迷惑メールを拒否している場合、格安SIMで使えるアドレスはパソコンからのメールと同じ扱いですので、受信拒否されてしまいます。

また、格安SIMはLINEのID検索が出来ないので、友達追加の際にLINEのQRコードやURLをメールで送ると、上に挙げた迷惑メールの受信設定が関係し、「受信拒否」されてしまう場合があります。

まあ、SNSのメッセージ等で送る方が一般的だと思うので、これはあんまり問題ないかも知れませんが(^^)

②に関しては、最近はgmailも登録可のサイトが増えてきましたね(^^)
たま~~にキャリアメール以外は登録不可のサイトがあります。

年齢認証が出来ない
(LINEのID検索が出来ない)

格安SIM 不便

これはもう、そのままですね。

QRコードなどは使えるし、パソコン版のLINEならID検索が出来るようなので、少しだけ面倒になる感じですね(^^)

LINEモバイルなら、LINEのID検索が出来るという情報があったので、これは一つのメリットですね。

むしろ、LINEモバイルのメリットの為にID検索の年齢制限をかけているような気さえしますw

故障や紛失時のサポートが十分でない

スマホ 画面割れ

格安SIMの場合、携帯が壊れた場合ショップに持って行くのではなく、基本的には製造メーカーに直接修理の問い合わせが必要です。

※但し、月数百円の保障サービスで、ショップで対応してくれる「契約オプション」もほとんどの格安SIMで用意されています。

そして、ショップの数が少ないので不便なのですが、その分余計な人件費を抑えている側面もあります。

キャリア携帯では、全国に多数あるショップ店員の人件費を、無条件で携帯料金で負担させられているので、
ショップをあまり利用しない私としては損している気分になります(^^;

他にも、支払い方法がクレジットカードのみのところも多いみたいですが、よく聞く格安SIMは口座振替に対応していたので、問題ないです。

サポートに関しては、「安さ」の方がメリット大きいと個人的には思いますが、いざと言う時にはやはり不便です(^^;

まとめ

格安SIMの一番のデメリットは、やはり通信速度が遅い点です。

たったの月1~2,000円で、これだけのストレスから解放されるのなら、安い。

そもそも、キャリア携帯で月1万円払っているのは、格安SIMの検討の前に契約プランを見直すべきです!

最近は3大キャリアも安いプランを提供していますし♪
私はdocomoですが、スマホを家族でシェアパックで契約し、カケホーダイも付けていないので、安い。
月4,000円くらいで2GB以上使えます♪

よく、FPがオススメする節約術は「不便さ」と引き換えにするものが多く、
人生を豊かにするとは思えないコトが多いと個人的に思います。

自分に合った節約で、時には多少高くても人生を豊かにする選択をするのは私は悪くないと思います(^^)

私はソフトバンクがプラチナバンドを大々的にアピールし、SMAPが「つながらない→→つながる」とCMしている頃にdocomoからソフトバンクに乗り換えました。

ですが、地下に潜ったら繋がらない、熊本の温泉地に行ったら繋がらない。

九州だけならまだしも、羽田から品川の京急も繋がらなかったので、『多少高くともストレス溜まるよりマシ!』

と思いdocomoに戻る決意をしました。

(ちょうど福岡に移住したので、ソフトバンクに身を埋める覚悟でした。)

その時の二の舞になりたくないし、メリットばかりに目を奪われず、安さの理由やデメリットを慎重に調べて、格安SIMを検討してください。