Office365 Soloの価格は【高い?安い?】永続ライセンスと比較

Office365 Solo 価格

Office365 Soloの価格は

  • 12,744円/年払い(税込)
  • 1,274円/月払い(税込)

ちなみに、月払いで1年間使うと15,288円なので、年払いの方が2,544円安いです。

Officeには一度購入すれば毎年支払わなくていい「永続ライセンス」タイプもあります。
後ほど詳しく解説しますが、3年以上使うと、永続ライセンスの方がお得になると覚えておきましょう。

Office 365 Soloの価格

※Microsoft公式サイトでOffice 365 Soloを購入する場合の価格は以下のとおり。

使用年数(月数)価格(税込み)
1か月1,274円
1年間12,744円
2年間25,488円
3年間38,232円
4年間50,976円
5年間63,720円
6年間76,464円
7年間89,208円

永続ライセンス:Office2016の価格

Office2016税込価格含まれるソフト
Personal32,184円Excel、Word、Outlook
Home & Business37,584円Excel、Word、Outlook
PowerPoint、OneNote
Professional64,584円Excel、Word、Outlook
PowerPoint、OneNote
Publisher、Access

3年使う場合の価格を比較

Office税込価格含まれるソフト
365 Solo38,232円Excel、Word、Outlook
PowerPoint、
Publisher、Access
OneDrive(1TB)
Personal32,184円Excel、Word、Outlook
Home & Business37,584円Excel、Word、Outlook
PowerPoint、OneNote
Professional64,584円Excel、Word、Outlook
PowerPoint、OneNote
Publisher、Access

Office365 Soloを3年間使った場合、料金は38,232円となります。

一方、永続ライセンスで最も安いOffice Personal 2016は32,184円です。
(含まれているのはExcelとWordとメールソフトのみ。)

Excel、Wordとメールソフトに加えて「PowerPoint」も使えるOffice Home & Business 2016は37,584円です。

パソコンやOfficeのサイクルを考えると3年間は少し短いように思えるので、長い目で見ると永続ライセンスの方がお得だと思います。

但し、永続ライセンス版のOffice2016とOffice2019は、2025年(6年後)にMicrosoftのサポート終了が予定されています。
2026年以降は、また新しいOfficeを購入する必要が出てくるかと思います。

ここがポイント

3年以上使う場合、Office365 Soloよりも永続ライセンスのHome & Business2016の方が安い!

Office 365 Soloのメリット

Office 365 Soloならではのメリットもあるので、価格が安いか高いか悩んでいる方は参考にしてください。

1TBの「OneDrive」が使える

Office 365 Soloには、「OneDrive」というMicrosoftのオンラインストレージが1TBも付いています。

OneDriveとは
インターネット上にデータを保存して、様々な端末でファイルを共有できるオンラインストレージサービス。

スマホだとiCloudやGoogleドライブなどが有名ですが、それらのWindows版とイメージした方が分かりやすいかもしれません。Windowsだととっても相性が良く、使いやすいです。

高いか安いかは「OneDrive」がカギ

Office 365 Soloでは自動で1TBもの大容量のOneDriveをどれだけ使うかで値段の安い・高いが決まるように思います。

『OneDriveって何??』とあまり良く分からない人は、正直永続ライセンスのOfficeを購入するのをおすすめしますw
ちなみにOneDriveは、無料でも5GBまで使えます^^

常に最新のOffice製品が使用できる

Office 365 Soloは常に最新バージョンのOfficeにアップデートされます。

例えば、従来の永続ライセンス(買い切り)のOfficeだと2016を買うと後継版の2019が発売されても、ずっと古い2016を使い続ける事になります。

Office 365の場合、最新製品が発売されたタイミングで、2016から2019に自動的にバージョンアップします。
常に最新版を使う必要がある方は、Office 365を選ぶのが良いのかもしれませんね^^

但し、料金的には3年スパンだと永続ライセンスをその都度買うのも、Office 365を使い続けるのもそれほど変わらないです。

MEMO
但し、料金的には3年スパンだと永続ライセンスをその都度買うのも、Office 365を使い続けるのもそれほど変わらないです。

初期費用が安い。必要な時だけ月額で払う事も可能

Office 365のメリットとして、初期費用が安いことが挙げられます。

特に、パソコンを新しく購入する場合に本体とOfficeを揃えると高い買い物になりますよね。

そんな時に、Office 365ならパソコンを購入する年の出費を抑える事ができます。

また、月額で支払いをすれば、必要な時に使って、必要な分だけ支払いをすることも可能です。

一旦まとめ。Office365 Soloはこんな人におすすめ

私個人の結論から言うと、以下のどれかに該当する人はOffice365 Soloを購入するのがおすすめです。

こんな人にOffice365がおすすめ
  • OneDriveを1TB使いたい人
  • 次期バージョンのOfficeも使いたいけど、今すぐOffice2019も使いたい人
  • Office購入の初期費用を抑えたい人
  • 年に数回しかOfficeソフトを使わない人(必要な時だけ月額払って使う)

Office 365 Soloのデメリット

逆に、買い切りでないデメリットもいくつかあるのでご紹介します。

OneDriveを使わないのなら割高感がある

長期間使う場合に、Office365が高い理由は、クラウド(オンライン)ストレージのOneDriveが1TBもの大容量が付いているからです。

この1TBもの大容量を使いきる自信のある人なら、ひょっとしたらOffice365は安いのかもしれません。

しかし、1TBはおろか、そもそもOneDrive自体使わない人も多いかと思います。

OneDriveは無料でも5GBまで使えるし、Dropboxなど他のクラウドストレージも多数あります。
長期間運用するのであれば、Office365 Soloを導入するより、Office2016や2019での運用の方が安く済むと思います。

使い慣れた頃に自動でアップデートされてしまう

Office365は常に最新バージョンのOfficeソフトが使える反面、3年経ってようやく操作に慣れた頃に強制的にバージョンアップしてしまいます。

使い慣れた操作性が変わってしまい、また覚え直さなければならないのは、デメリットでもあります。

私にとって、それはストレスでしかありません。
2025年まで、ずっと同じUI(操作方法・画面)で使いたい方は、永続ライセンス版の方がおすすめです。

一旦まとめ。こんな人にはOffice365 Soloより永続ライセンス版がおすすめ

私個人の結論から言うと、以下のどれかに該当する人はOffice365 Soloより、永続ライセンス版のOffice2016または2019を購入するのがおすすめです。

こんな人は永続ライセンス版がおすすめ
  • OneDriveを使わない人、または無料の5GBで十分な人
  • Officeの次期製品が発売されても、バージョンアップは必要ない人
  • 現行のOfficeを2025年まで使い続けたい人

OneDriveを使わない・必要ない人にとっては、Office365 Soloの料金は割高感が否めません。

永続ライセンス版のデメリットは?

永続ライセンス版唯一のデメリットは、現行製品(2016または2019)のOfficeしか使えないこと。
つまり、次の新製品が発売された時にバージョンアップ出来ない。

ちなみに、2018年秋に発売されたOffice2019のサポート有効期間は7年間。
つまり、現行のOffice2016とOffice2019は同じ2025年にサポート打ち切りとなります。

Office 2016、2019のメリット

  • 2025年まで、操作性が大幅に変わる事はない
  • Officeの中の必要な機能だけを選んで購入できる
  • PC2台まで使える
  • Office365と比較して3年使えば、安い!
  • 一度払えば終わりなので、支払いの管理がラク
挙げればキリがないほど、Office 2016(または2019)のメリットは沢山あります。

何より、様々なエディションが用意されているので、必要な機能だけを選んで購入する事ができるのが嬉しいですよね♪

3年以上、長くOfficeを使うのであれば、永続ライセンスのOffice2016がおすすめです(^^)

まとめ。Office 365は高い?安い?

Office 365 Soloは初期費用は安くて導入しやすいですよね。
一方、長く使うならば上に挙げたように永続ライセンスの方が安いケースもあります。

ご自身が使用する目的に合わせて、最適な製品を選んでください。

以上、Office365 Soloの価格は【高い?安い?】永続ライセンスと比較でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です