【尿酸値を下げる】DHCのアンセリンを飲んだら1ヵ月で効果が!

尿酸値を下げるのって難しいですよね。私は色々と食生活の改善を試みましたが、ことごとくダメでした。

3年前は尿酸値6.0で、今年の健康診断で8.4まで上がったので食生活の改善などと言っているヒマがなく、
『もはや一刻も早く尿酸値を下げなければ、美味しいビールが飲めなくなる・・』と焦りました。

病院に行ったところ、
『尿酸を下げる薬はとても強い薬なので、腎臓などへの負担が大きい。今は飲むべき段階ではない。
と言われました。

そんなバナナ・・(´・ω・`)

薬がダメなら、頼れるのはサプリしかないっ!

そしてたどり着いた答えが「アンセリン」でした。

実際にDHCのアンセリンを飲み始めたら1ヶ月で6.9まで下がりました。

3年越しにたどり着いた答えなので。尿酸値に悩んでいる方へ参考になれば幸いです!

尿酸値が上がる原因

尿酸値の上昇・減少を左右するのが「プリン体」ですよね。

尿酸値が上がる原因は、大きく分けて2つあります。

プリン体の過剰摂取
プリン体の排出する機能の低下

この、どちらかに分類できます。

ちなみに、プリン体は食べ物など体外から摂取するのが2割で、残りの8割はヒトの代謝やエネルギー消費の過程で生成されます。

つまりは、食生活を改善してプリン体を摂取する量を減らしても、プリン体はどんどん体内で生成されてしまう。

食生活に気を付けていた私の場合は、プリン体を体外に排出する機能に問題があったのです。

ちなみに、尿酸値の上昇と体重の増加が伴っている場合はプリン体の過剰摂取が疑われるので、食生活を見直しが必須です。

私の尿酸値推移

2014年:6.0
2015年:7.3
2016年:7.5
2017年6月:8.4

2017年7月:6.9
(アンセリンを飲み始めて下がりました)

あまりにも短期間で結果が出てしまい、信憑性が低かったのでもう一回計ったら、やっぱり6.9でした。

2017年で34才なのですが、30才を過ぎて急激に尿酸値が上がってきました。

尿酸値が7.3に上昇した2年前(2015年)から食生活に気を付けて、水も毎日2リットル以上飲んで、尿酸値を下げると言われるルイボスティーも飲み始めました。

それでも2016年に尿酸値が7.5に上がり、ショックでした(T_T)

外食も減らして牛乳、もずく酢、ヨーグルトを毎日摂り、万全にして挑んだ今年(2017年)の健康診断でまさかの8.4という尿酸値を叩きだし、この時は本当に「痛風」という病気が頭によぎり、すごく焦りました。

尿酸値を下げる「アンセリン」の効果

アンセリンは、プリン体が肝臓で分解された際にできる「尿酸」を減らす働きがあるので、
尿酸値を下げる効果が期待できます。

実際にアンセリンで尿酸値が下がった事例は多く、報告されています

私は半信半疑で、1日3粒目安のところ1日1粒だけ飲んで様子を見ていたら、全く効果はありませんしたw

DHCのアンセリンを1日3粒、目安の通り飲んだら尿酸値が下がった

実は、私がDHCのアンセリンを飲み始めたのは1年前の健康診断で尿酸値7.5を出してから。

1日3粒目安のところ、1日1粒DHCのアンセリンをを1年間飲み続けて挑んだ今年の健康診断、
去年7.5 → 今年8.4 に尿酸値が上昇。

そして、これはヤバいと思って医師に相談し、
冒頭でもお話ししたように尿酸値を下げる薬は副作用が強いので、薬は諦めてアンセリンを1日3粒、目安どおり飲むようにしました。

すると、1か月後に6.9まで尿酸値が下がりました。

正直アンセリンを飲む回数を増やしただけで、ここまで尿酸値が下がるとは思いませんでした・・

体質による個人差はあると思いますが、
1日1粒を1年間きっちり飲んでも尿酸値は下がらなかったので、飲むならちゃんと3粒飲んだ方が良いです。

体感で効果は分からないので、1ヵ月ちゃんと飲んだら、病院で血液検査して効果があるか確認した方が良いですね。

本当は尿酸値を測る機器があれば、良いんですがなかなか買うのハードル高いです(^^;

アンセリンの副作用は?

非常に重要なポイントなのですが、【アンセリンには副作用が特にない。】という事です。

その理由は次の2つ
・アンセリンは自然由来の成分であるということ
・仮に摂取しすぎても、体の機能上、自然と排出される

アンセリンの主成分は、マグロやカツオなどの回遊魚に多く含まれているアミノ酸の成分です。

自然由来の成分なので安心ですし、摂取し続けても副作用の心配はありません。

私も長期間服用しているので、改めて深く調べましたが、やはり「副作用は特にない」という事が改めて分かりました(^^)

アンセリンに頼る前に、まず食生活の見直しを!

アンセリンを服用する、しないに関わらず食生活の見直しが必要です。

特に、尿酸値と共に体重も増加している人は食生活に原因がある場合がほとんどです。

私は痩せ型で体重の増減もないことから、『食生活に問題はないだろう』と医師に言われました。
実際、食生活にはかなり気を付けていましたからね(^^)

ちなみに、私の兄は牛乳、ワカメ、酢、ヨーグルトを毎日摂って、尿酸値が7.8から7.0に低下したみたいです。

王道はやはり食生活の見直しで、サプリはその次の手段。

とは言え、これから先、
『一生食事制限をする』と思うと憂鬱ですよね。

度が過ぎた食事療法はストレスとなり、かえって逆効果となる場合もあります。

無理のない範囲で食生活を改善し『継続』する事が大切です!

私も、まずは食生活の見直しをして、それでも尿酸値が1年で0.7も上昇したのでアンセリンに頼りました(^^)

好きな食べ物が食べられるようになったら嬉しいですよね?

尿酸値6.9はまだ高い方ですが、あまり気にしすぎなくなったので、ビールや鶏肉を我慢するストレスから解放されました♪

まとめ

プリン体は食べ物や飲み物による摂取が2割、体内で生成されるのが残りの8割。

どんなに食生活に気を付けていても、「尿酸値が下がらない」
悩まされた私に唯一効果があったのが「アンセリン」でした。

色々な種類があるのですが、一番有名で安全(と思われる)のは「DHC」ですね。

値段もお手ごろで続けやすく、とても助かっています

楽天市場はこちらです。
楽天市場で「DHC アンセリン」を探す

「尿酸値が下がらない」と悩んでいるあなたに参考になれば幸いです♪