コーヒーは本当に胃が荒れる?!え、ノンカフェインでも胃に負担?

コーヒー 胃が荒れる

『コーヒーを飲むと、胃が荒れる』と言われていますよね。

コーヒーには胃散の分泌を促す「カフェイン」と「クロロゲン酸」という成分が含まれています。

この2つの成分によって胃液が過剰に分泌され、胃が荒れてしまうことがあります。

しかし、コーヒーは抗酸化作用やリラックス効果があり、摂取することは健康にも良いという事も言われていますよね(^^)

つまり、「胃への負担」がなければ、安心してコーヒーを飲むことができます。

そこで、コーヒーで胃が荒れる原因と対策。
つまり、胃が荒れないコーヒーの飲み方をご紹介します。

コーヒーで胃が荒れる原因

  • カフェイン
  • クロロゲン酸

コーヒーで胃が荒れる原因は、この2つにあります。

一般的に「カフェイン」は良く知られており、これが胃を荒らす原因と思っている方は多いと思います。

最近では、「安心してコーヒーが飲みたい」というニーズに合わせて、ノンカフェインのコーヒーも発売されていますよね。

しかし、気になるのはもう一つの成分「クロロゲン酸」です。

この、クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、ノンカフェインコーヒーにも含まれています。

胃が荒れるのはカフェインだけが原因ではない?

以下、コーヒーに含まれる「カフェイン」と「クロロゲン酸」がどのように胃に働いているのか、参考になる資料から引用します。

コーヒー摂取は食後の胃運動を高める可能性が考えられる。
また、カフェインレスコーヒーとお湯との間では有意差が見られなかったことから、胃電気活動への作用はカフェインが関与している可能性がある。

一方、カフェイン以外では、コーヒーポリフェノールの一種であるクロロゲン酸について、胃酸分泌作用を有することが報告されており、胃運動への作用も示唆されるが、その可能性を含めて今後詳細な検討が必要と思われる。

引用元:科学技術振興機構「J-STAGE」コーヒー摂取が胃運動および自律神経活動に与える効果の検討(PDFファイル)

※分かりにくいので要約

  • コーヒーは胃の運動を活発にする
  • ノンカフェインコーヒーを飲んだ時の胃の運動は、お湯を飲んだ場合と同じだった
  • しかし、ノンカフェインコーヒーでも胃酸分泌を促す効果の報告があるので、もうちょい調べる必要がある

「カフェイン」と「グロロゲン酸」がどのような働きがあるのか、
もうひとつ、こちらの資料もご紹介します。

作用 カフェイン クロロゲン酸 アロマ成分など
中枢刺激 × △~〇
リラックス △~〇
強心・末梢血管
膨張
× ×
脳血管収縮
(頭痛緩和)
× ×
利尿 × ×
代謝亢進 ×
胃酸分泌 △~〇
抗菌 ×
抗がん(特に
肝臓がん)
×~△ △~〇 ×
動脈硬化予防 △~〇 ×

〇ほぼ確実 △可能性あり ×否定的

引用元:ネスレ「コーヒーと健康」(PDFファイル)

なんと、どちらもクロロゲン酸は胃酸の分泌を促す「可能性がある」という、煮えきらない報告ですね(笑)

カフェインほどではないけれど、クロロゲン酸も胃酸を促す効果があるので、

ノンカフェインコーヒーでも、胃痛の原因になる場合がある。
しかし、普通のコーヒーに比べると、胃への刺激は少ない。

ということだと思います。

コーヒーは健康に良いの?悪いの?

コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸は、基本的には体に良いことばかりです。

具体的な効果は上で紹介した表の抜粋にも書きましたが、

抗酸化作用、リラックス効果、がん予防などがありますし、
「胃を活発にする」のも本来は体に良いこと。

たとえば、薬が処方される時「食後に飲む」ように指示されていますよね?

つまり、体に良い成分が含まれている薬も、飲むタイミングによっては胃に負担がかかってしまいます。

コーヒーも薬ほどではないですが、飲むタイミングや方法によっては胃が荒れてしまうので、注意しましょう(^^)

胃が荒れないコーヒーの飲み方

食後にコーヒーを飲む

コーヒーを飲む際に最も気をつけるべきことは、
空腹時にコーヒーを飲まない』です。

コーヒーは胃酸の分泌を促すので、食後に摂るのがベストです。

朝食にパンとコーヒーを飲むのであれば、パンを食べてからコーヒーを飲んでみてください(^^)

ミルクを混ぜて飲む

牛乳(ミルク)には、胃酸を中和し、胃の粘膜を保護する働きがあります。

コーヒーで胃が荒れやすい方はブラックではなく、ミルクを入れて飲むと良いですよ。

とは言え、よくあるコーヒーミルク(別名:コーヒーフレッシュ)は、
植物性の油を原料としており、牛乳由来(動物性)の成分は入っていません。

私が今までコーヒーに入れてきたミルク(コーヒーフレッシュ)は、ただの植物油だったようです・・。
参考:Wikipedia「コーヒーフレッシュ」

体に良いのか悪いのか、分かった物じゃないですよね。。

調べたところ、日本で牛乳由来のコーヒーミルクは、クリープしかありませんでした。

数あるクリーミング・パウダーの中、日本で唯一の“ミルク生まれ”

引用元:森永乳業「クリープ」(PDFファイル)

牛乳を常備している自宅であれば、牛乳を入れるのがベストだと思います。

職場などで飲むのなら、スティックタイプのクリープが小分けにされていて、便利で使いやすいですよ(^^)

【Amazonはこちら】

クリープ オフィス用スティック 3g×100本 森永乳業

【楽天市場はこちら】
楽天市場で「クリープ」を探す

ノンカフェインコーヒーに切り替える

ノンカフェインコーヒーなら、胃酸の分泌を促すカフェインが含まれていないので、
普通のコーヒーと比べると胃が荒れにくいはずです。

しかし、気分的な問題なのか、クロロゲン酸による働きなのか、空腹時にブラックでノンカフェインコーヒーを飲むと、胃が荒れることもあります。

「ノンカフェインだから」と安心せず、なるべく食後に飲んだり、ミルクを入れて飲むのをおすすめします(^^)

そうすれば、普通のコーヒーより胃への刺激が少ないので、安心して飲めますね♪

ノンカフェインコーヒー(商品によってはカフェインレスコーヒーとも呼びます)は
今は様々な商品が発売されているので、あなた好みのノンカフェインコーヒーがきっと見つかるはずです。

私の個人的おすすめ商品をご紹介しますね。

①ドトールのドリップパック
【Amazonはこちら】

ドトールコーヒー ドリップパック やさしい香りカフェインレス 20P

②インスタントのノンカフェインコーヒー
【Amazonはこちら】

マウントハーゲン オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー100g

もちろん、楽天にも様々なノンカフェインコーヒーが売られています。

美味しそうな商品を探してみてください(^^)
【楽天市場はこちら】
楽天市場で「カフェインレスコーヒー」を探す

コーヒー「風」のお茶に切り替える

実は、この記事の本命はコレです。

これから紹介するいーぴこっと(森のこかげ)というショップは、私の住んでいる福岡県にあるお茶の専門店です。

そこには120種類もの豊富なお茶が所狭しと並んでいます。
参考:食べログ「森のこかげ健やかハウス」

私が飲んでいるお茶(緑茶・そば茶・ルイボスティー・ハーブティー)は、全てこのお店で売られているお茶に替えました。

その理由は単純、美味しいからです。それなのに、安い。笑

実はAmazonでこのお店のそば茶を購入して、初めて福岡にこのお店がある事を知ったのです。

このショップで「コーヒー」を検索すると、たんぽぽコーヒーという商品がヒットします。

ノンカフェインで、コーヒー豆と同じように「焙煎」したたんぽぽの根を使ったお茶です。

妊娠中でも飲めて、産後の母乳にも良いのだそう。

コーヒーのような香ばしさはあるものの、味は紅茶に近いです。

でも、妊娠中さえ飲めるのは、体のことを考えると最も「安心」ですよね。

【森のこかげ健やかハウス(e-picot いーぴこっと楽天市場店)】
たんぽぽコーヒーはこちら

【送料無料】 タンポポコーヒー (2.5g×100p) 蒲公英100% ノンカフェイン珈琲 ◎ たんぽぽ茶 / たんぽぽコーヒー / タンポポ茶 / 西洋たんぽぽ 森のこかげ 健やかハウス

ダイエットされている方には「サラシア」という植物も入ったたんぽぽコーヒーが人気のようです。

【森のこかげ健やかハウス(e-picot いーぴこっと楽天市場店)】
サラシア入りたんぽぽコーヒー

【送料無料】 サラシアたんぽぽコーヒー (2.5g×100p)「ティーバッグ」 サラシア [コタラヒム茶] +タンポポコーヒー/ たんぽぽ茶 / タンポポ茶 森のこかげ 健やかハウス

【Amazonはこちら】
Amazonで「森のこかげ コーヒー」を探す

まとめ

  • ミルク(クリープ)を入れたり
  • ノンカフェインコーヒーを飲んだり
  • たんぽぽコーヒーを飲んだり

気分によって、色んなコーヒーを楽しんでいます。

私は職場でブラックコーヒーを毎日2~3杯飲んでいたのですが、
今年になって「胃が荒れる・痛い」と感じることが多くなって

最近は職場に行くと、どうも胃もたれ・ムカムカして胃の調子が悪い。

「てか、これってもしやコーヒーのせい?!」

と思って、胃が荒れないコーヒーの飲み方を試してみました(^^)

コーヒーをお茶に変えたり、食後にノンカフェインコーヒーや、ミルクを入れて飲むことで、胃が痛む事も減ってきました。

※ご飯を食べすぎると胃が痛むので、たぶん胃が弱っているのだと思います。

恐らく無意識のうちにストレスを溜めていて、胃が敏感になっているのでしょう。
(念のため人間ドッグで胃カメラの検査します。)

胃が痛い・胃炎・ポリープなどがある方は、
今回ご紹介した方法であっても、症状の悪化につながるのでコーヒーの摂取は控えてくださいね。

また、コーヒーの適切な摂取量は健康な成人の場合、1日4~5杯とされています。

適量を守りながら、美味しいコーヒータイムを楽しんでいきましょう(^^)